2005年05月31日

旧前田侯爵邸 和館の巻♪

名前を書いて頂き、旧前田侯爵邸の写真をアップされていると言う事は・・・よしっ!その挑発に乗ったぁ〜!!
と言う事で、昨日行って来た旧前田侯爵邸。

旧前田侯爵邸は、駒場公園にあります。
見よ!この立派な門構え!!(笑)
駒場公園入り口.jpg

旧前田侯爵邸は、昭和の初期に和洋両建築の粋を集めたもので、化粧レンガ&タイル張りの洋館は昭和5年に書院造の和館は昭和6年に完成したそうな。

まずは、和館から!
和館門構え.jpg

和館の玄関口から撮ってます。
和館玄関.jpg

前述したように、和館は書院造の2階建ての純和風建物。書院造ってのは、床の間(または押板)、違い棚、付書院という座敷飾りを備えた畳の部屋です。
書院造の歴史を追うと長くなりそうなので割愛。この和館の見るポイントは、書院造の特徴である、床の間、違い棚、付書院、欄間(らんま)の透かし彫り&庭。
 この和館には、茶室(四畳半)と和室(十畳)を有料時間貸ししているそうです。お茶好き、侘び寂好きの人には堪らないレンタルスペースですね。d(・∀・)b イエーイ

 写真は、床の間周りと透かし彫りのみをアップします。
床の間の部屋.jpg 床の間.jpg
透かし彫り.jpg

 その他の写真は?だって?? 大人の事情で撮ってねぇ〜んだよ(▼▼X)オラァ〜

 因みに前田家は、この和館を普段は使用する事は無く、ひな祭りや端午の節句、お茶会や和食の会の時に使われていたと言われています。また和館を建てた目的と言うのも侯爵がロンドンの駐在武官であった事から、外国人客接待用に建てられたとも言われているそうです。

 旧前田侯爵邸は、和館と洋館が渡り廊下でつながっています(一般には開放されていません)それが以下の写真。
渡り廊下.jpg

見ての通り、和館洋館が見事に切り替わってます(笑)レンガ塀の上に瓦屋根と言う心憎い(苦し紛れ?)演出をしているのが見て取れます(笑)

洋館2階から渡り廊下を見るとこんな感じ。
渡り廊下屋根.jpg

アングル悪くてごめんョ、ここしか撮るポイント無いと言うのが事実なんすス。

次回は、いよいよ旧前田侯爵邸洋館の登場でい!


☆☆☆☆☆ 以下、私信 ☆☆☆☆☆

>未明さんへ
口の中が口内炎だらけってのは、心配です。
ご飯はやっぱり美味しく食べられないとね♪
・・・と言うわけでヨードチンキ、イソジン、ケナログ塗っちゃいましょう!
ビタミンBを取るのも良いらしいですが。
因みに口内炎では、口は小さくは成りませんので御安心を(笑)

しかし戸締りマニアって(笑)
実は私もです(爆笑)。私は出かける時、窓を閉めたっけ?玄関の鍵をかけたっけ?と不安になり、駅まで行ったのにも拘らず、家に戻るくらいマニアです(苦笑)
 でも、几帳面な性格の私は、キッチリ窓を閉め、鍵はかけてあるんですけどね(笑)

>樋口さんへ
和館の庭の写真は、やっぱり樋口さんのが良いです。
和室の俯瞰の写真は、どうやって撮ったのでしょう?腕伸ばして撮ったのかな?
posted by one-brain at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

変換して見た

文章を変換するサイトを教えられたので、前回のエントリーで試してみるテスト。
前回のエントリー<タイトル未明2>←ご参照下さい。
んで、ブラック・ジャックの助手としてご活躍されている、ピノコで変換して見た(笑)

提供出来るネタが無くてたいへんな申し訳無く思う今日さいきん、如何お過ごしれすか?
あたちは、相変わらず、相変わらずれちゅ(笑)
未明たんのエントリーにしていゆ皆たんのTBを眺めていゆと色々思うでもねあゆよのさね。生きるってのは日々是勉強なんだなとシミジミ思いたのよさ。

今日は久々に休みだ♪・・・と思い、まったりと午前中に洗濯と掃除なんぞしていたら、正午頃に『打ち合わせをしたいッス!』と携帯に連絡が来たのよのさ、そいれ、激しく垂れながら出勤して23時過ぎまで仕事しちゃいたのよさョ(苦笑)
『何で、俺に電話すゆ?俺に仕事振るんやねーよ!ボゲェ〜!』・・・と言う表情を微塵も見せず、笑顔でしかもギャグまで言っちゃうサービスを振舞いつつ打ち合わせに参加したσ(・・*)って、大人だなぁ〜♪ワッハッハ!!

あ〜今日のTBは、一応リクエストを聞いておこうかな?と思いすゆよのさ。
付き合っていた、彼女に上げるプレゼント等も予算の都合は激しくあゆよのさが、彼女の好きなもの、必要な物を一緒に選んであげたい!言うのがあたちの心情でして、今回の場合、未明たんが望むものを差し上げたい!それが例えバラやろうが胡蝶蘭やろが!!・・・と力一杯思うあたちの性格を察して頂き、質問に答えてくれるとヒャッホ〜♪な気持ちに成りまちゅのよのね、らから御協力をお願い致すゆよのさ(笑)。


び、微妙だな。。
興味のある方は、言葉変換ちゃんへどうぞ!コピー&ペーストで変換できますョ♪

さあっ!仕事に戻ろっと!
posted by one-brain at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

キーワードのテンコ盛り(BlogPet)

きょう、削除したいなぁ。

chopinは工夫された絵に付いて主に書いて見ます。
地獄太夫小林永濯><画像をクリックするとChapter1に行きます>>*このエントリは、一休禅師との絡みもあります。
一休の教えによって太夫は、BlogPetの「chopin」が書きました。
どうやら世間では骸骨の姿態がいかにもリアルに描かれた。




*このエントリは、BlogPetの「chopin」が書きました。
posted by one-brain at 13:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

LEDうちわ

うちわ.JPG
<<画像をクリックすると大きく表示されます>>


おぉ〜欲すぃ〜щ(゚▽゚щ)チョウライ!

あおぐと花火が“点火” 日新電機、LEDうちわ発売
圧電発電であおぐとLEDが花火のように点灯するうちわ「宵待蛍」
 
 日新電機は、圧電発電であおぐと発光ダイオード(LED)が点灯するうちわ「宵待蛍(よいまちぼたる)」の2005年バージョン3種類を26日に発売する。
 発売3年目の今年のテーマは花火。あおぐと13個のLEDが中央から放射線状に花火のように点灯する。京都の花火風景を描いた2種類と大阪の天神祭の風景を描いたバージョンもある。価格は1995円で日新電機のホームページで販売するほか、京都高島屋(下京区)や京扇子店「伊藤常」の市内5店舗でも販売する。
 日新電機はうちわに応用している圧電発電技術を、自社の協力企業でつくる「日新電機協力会」の有志が6月中旬に設立する「京都クリエイティブイマジン」(KCI、京都市南区)に7月1日に譲渡する。KCIには朝日計器製作所(南区)や協進精機製作所(同)など現在6社が出資する見込みで資本金は1000万円の予定。
(京都新聞) - 5月26日10時49分更新

以前にもLEDネタではこんなん書きましたな。。
空中に絵や文字描く装置

ある意味バカっぽいっちゃーバカっぽいですが、こう言う遊び心満点の商品、
私は大好物です( ̄─┐ ̄)ジュル
posted by one-brain at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | NEWSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル未明2

 提供出来るネタが無くて大変申し訳無く思う今日この頃、如何お過ごしですか?
 私は、相変わらず、相変わらずです(笑)
 未明さんのエントリーにしている皆さんのTBを眺めていると色々思うところがありますね。生きるってのは日々是勉強なんだなとシミジミ思いました。

 今日は久々に休みだ♪・・・と思い、まったりと午前中に洗濯と掃除なんぞしていたら、正午頃に『打ち合わせをしたいッス!』と携帯に連絡が来たので、激しく垂れながら出勤して23時過ぎまで仕事しちゃいましたョ(苦笑)
『何で、俺に電話する?俺に仕事振るんじゃねーよ!ボゲェ〜!』・・・と言う表情を微塵も見せず、笑顔でしかもギャグまで言っちゃうサービスを振舞いつつ打ち合わせに参加したσ(・・*)って、大人だなぁ〜♪ワッハッハ!!

 あ〜今日のTBは、一応リクエストを聞いておこうかな?と思いしました。
 付き合っていた、彼女に上げるプレゼント等も予算の都合は激しくありますが、彼女の好きなもの、必要な物を一緒に選んであげたい!言うのが私の心情でして、今回の場合、未明さんが望むものを差し上げたい!それが例えバラだろうが胡蝶蘭だろが!!・・・と力一杯思う私の性格を察して頂き、質問に答えてくれるとヒャッホ〜♪な気持ちに成りますので御協力をお願い致します(笑)。

 1.好きな色は?
 2.きつい匂いの花は苦手ですか?
 3.ぶっちゃけ好きな花は?
 
 以上、ヨロシク回答頂けるとVステップ&ターンをコッソリしますので、お願いします(笑)
posted by one-brain at 00:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

タイトル未明。

 タイトル未定にかけた、このTB。何故未定かと言うと、あまり書くこと無いから(笑)

チケット2.JPG
<<画像をクリックすると大きく表示されます>>


 今日受け取った♪ ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
 いや〜楽しみだ♪あとは突発的に打ち合わせが入らない事を望むだけ★彡(-∧-;)流れ星におお願い。

ところで
男に気に入られるために、立派な女になるなんて、できない。
立派に欲しいとは、私は思わないけどな。
その人のすっぴん、だらしがない所そお互い見せて欲しいと、それこその恋愛だと思うけど。
posted by one-brain at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

Pewter Metal(ピューター・メタル)

fire boomerang pewter.jpg
<<画像をクリックすると大きく表示されます>>


 年を取ると共に忙しさが増し、趣味に没頭する時間が無い今日この頃なのですが、昔から私は、絵を描く趣味は全く無いのにも関わらず、作り物(工作)は、どう言う訳か好きでした。
ただ、作る過程は好きなんだけど、完成しちゃうと興味無くなってしまい、欲しいと言ってくれた人にあげるか、捨てるか、壊すかしてた(笑)。
んで、20代後半に成って作り物が好きだと言っても完成品が手元にほとんど無いことに気付くとともに、前妻からも『写真ぐらい撮っておけば良いのに・・・ぷっ!』とか言われたので、気が向いた時に撮るようにしていた物があったので、せっかくブログっつ〜格好の晒し場もあるし、コッソリ晒して見るテスト。
(私の別ブログでは、すでに晒し済みだったりもするが・・・まぁ〜言わなきゃ分からないかw)

 素材は低融点金属のピューターメタルです。
 シルバーと同じような輝きを得られるのに、シルバーの様な黒ずみ等は、ほぼ無いと言う優れものなのです♪
 しかも、私が買った時は、1kgで3000円と言う低価格でしたヽ(´▽`)/
私が作ったアクセサリーは大体10g〜20gあれば事足りるので、数年前に買ったにも関わらず未だに余ってます(笑)

 融点も250℃前後とステンレスや鉄の鍋に入れて、ガスコンロで溶かせてしまうと言う使い勝手の良さ♪
 そう、失敗したり気にいらなければ速攻溶かして証拠隠滅が謀れると言う優れものなのです(笑)

 ピューターメタルは、本格的な金属を扱ったクラフトの予行演習には持って来いの 素材じゃないかなと思うので、かなり気に入ってます。
 柔らかい金属に入る銀でも融点が960℃もあるので、その扱いやすさが何となく分かると思います。(純銀粘土の方が扱いやすいジャン!と言うツッコミは無しの方向で^^;)

 因みに欠点は、融点が低いので傷が付きやすいと言う事ですかね。
 あとは、直火は厳禁!溶けます。

 最後に。。
 写真は、ドラクエX〜天空の花嫁〜の攻略本に載っていた、炎のブーメランを作りました。作った本人が、言うんだから間違いありません!(0 ̄^ ̄)0フン
posted by one-brain at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ART/CRAFT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

初体験♪(はぁ〜と)

ンゲゲゲェ〜ッ!!何か、あ、謝られちゃってるんですが?(滝汗)ビックリし過ぎて、心臓がドッタンバッタンしてます。これでシカトこいて『ヘッポコ野郎!』の烙印を押されるのも辛いので、記事を眺めながら『さて、何書こう??』と考えた挙句、私の初体験を告った後。以下、私信へと流れ込む段取りで宜しいでしょうか?(まぁ〜いつも通りっちゃー、いつも通りなんですが)
ん?ハテ??私は、一体誰に許可を取ろうとしているのだろう?(笑)

一昨年行った、歯医者のお話。
以前、奥歯に出来た虫歯が歯根まで達していて神経を抜いたのですが、
何故だかまた痛みだし、以前通っていた場所とは違う所にある無痛治療を売り物にしている
歯科医院に行きました。
治療自体は数回の通院で無事に終わり、治療最終確認の為に歯科医院に行った、
最後のあの日・・・。

 その歯科医院は審美歯科もやっているらしく、頼みもしないのに歯科助手だか歯科衛生士だか知りませんが、女性のスタッフに物凄い時間かけて磨かれました。
私の歯は、そんなにバッチイのか?って位に。

 始めに歯石をゴリゴリ歯茎から程好く血が出るくらい削り取り、そのあと電動歯ブラシを使って、ブィンブィンと口中が泡まみれになる位磨かれ、仕上げに塩のパウダーの様な物を吹き付けて(丁度ガラス彫刻で使うサンドブラストに似てた)研磨されたのですが、
 その塩パウダー・・・鼻から息が出来ないくらい、物凄い勢いで出ていてメチャ苦しい!鼻で息吸ったらメチャ痛いし。思わず怒鳴り散らしましたよ脳内で『息でけへんわ、ボゲェ〜!!』って(悲)。
・・・でも、マジちょっと泣きそうに成りましたがね(苦笑)
 研磨作業が終わり、うがいをするように言われた時、そのパウダーをちょっと舐めて見たら
・・・うわぁ〜〜っ苦塩っ辛ぇぇ〜ペッペッ!

 んで、最後に歯科医師の先生(男)と会話した時、治療した歯の場所の歯茎に違和感があることを伝えると
『ん〜そうですね、ちょっと歯茎の色が良くないですね。じゃ〜血の巡りを良くする為にレーザー照射しましょう』とか言われ照射した所、コレがメチャクチャ痛い!何か硬いものをグリグリと歯茎に押し当てられてる様な感じで、マジ死に掛けました。
あまりの痛さの為、思わず呻き声ってのを上げちゃいましたョ。本当にマジ痛くて、痛さのあまり本気で涙が滲み、意識が半分飛びそうに成ると言う貴重な初体験をさせて頂きました。
クッソォ〜。。初めてのHヨロシク俺の初体験を奪うとは、あの歯医者め・・・・・ニクいぞコノ!!

以上、しょっぱくて・・・それでいて痛い・・・初めて物語でした♪

今回のタイトルを見て、思わず覗きに来てしまった、とってもシケ〜ベな方、お疲れ様(・∀・)ニヤニヤ


☆☆☆☆☆ 以下、私信 ☆☆☆☆☆

【 この変換ミスは、マズイだろう(苦笑)のコーナー 】

☆ハリウッド消し用品→ハリウッド化粧品
どこのイケてる文房具屋、もしくは清掃業者かと思っちゃいましたョ(笑)

因みに
☆メイ牛山→メイ・ウシヤマ
オフィシャルには、こう表記されているようです

最後に。
コメントの多重投稿は、なぁ〜んにも気にしてませんよ。多く来てしまったら適当に消してますんで、ジャンジャン、バリバリ押して下さい。一杯来た方がネタにもしやすいし(コラ)
嘘です、ネタにはしません。だって私がまた、ドキが胸々しちゃうと困るので(笑)

・・・未明さんって、せっかちサンなのか(笑)

 ちょっと違うかもしれませんが、私もかなりせっかちな部類に入るかも。
たまの休みに、どこか出掛けると次はいつ来れるか?(いつ休めるのか?)分からないから、用事は1度で済ませたい性質なんです。
 実際、私の休みってのは、1ヶ月に1〜2日、多くて3日。1週間程度の連休ってのは、10年以上無いと言う悲しい現実(T^T)くぅ-
今までは、温泉行きたぁ〜い!とか、スキー行きたぁーい!ってのが、ささやかな望みだったのに、ここ数年は6時間以上寝たぁ〜い!と言う、ささやかな夢を見始めてる今日この頃・゚・(ノД`)・゚・

 閑話休題。自分が手がけた事は、結果や成果をスグ見たい欲求が強いんですよねぇ〜。
結果や成果が出るのに1週間以上かかかると言う事が判明すると、頭では分かっているんだけど、手がけたその日は、かなりイライラ・ソワソワしちゃいます。が、実は2〜3日経つとスッカリ忘れると言う飽きっぽさも、私は併せ持っていたりもするんですけどね(笑)
 思いついたら仕事を放っぽてでも、今やりたい!スグ知りたい!って衝動に駆られます。
未明さんの様に1日でホワイトニングする無茶する行為は、非常に良く分かります。

 駄目ですよ?私の様な時間に追われまくるだけの生活してちゃ。たまに振り向くと、結局何にも残っていない事に愕然とするんで(笑)

おっ!気付けば、本文とほぼ同じ分量の私信に成ってしまった(ノ´∀`*)照れ

posted by one-brain at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

リー・リトナー

キャッツアイのANRIさんが婚約だそうですよ。
それだけの事なら普通にスルーするところですが、そのお相手がスンゲェ〜ぜよ!

歌手のANRIさん、米の名ギタリストと婚約

歌手のANRIさん、米の名ギタリストと婚約
 人気歌手のANRIさん(43)が、米国の名ギタリスト、リー・リトナーさん(52)と婚約したことが22日、分かった。

 ANRIさんの所属レコード会社が明らかにした。挙式の日程などは未定。リトナーさんは、主にフュージョン系の音楽で活躍する世界的な奏者。
(読売新聞) - 5月22日20時39分更新

ANRIさんの公式HPにも載ってましたぜ。ファンの皆様へ
ファンの皆様へ

この度、私達 ANRIとLee Ritenourは婚約致しました。

ミュージシャンとして互いを尊敬する気持ちから愛情へと変わり、少しずつ愛を育んで参りました。

これからもお互いに高めあいながら、良い音楽を作り たくさんの愛と平和へのメッセージを伝え続けて行きたいと思っております。

これからもどうぞ暖かく私達を見守っていて下さい。

    ANRI & Lee Ritenour

リー・リトナーって人は、フュージョン・JAZZの世界では超有名人。
・・・てか、日本のギター小僧なら一度は、聞いているんじゃないかな?
聴いた事が無いのなら、『ゲッタウェイ』『リオファンク』等は、是非
一度は聴いておきたまえ!ギター小僧の諸君!ワッハッハ!
posted by one-brain at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

ヘンリー7世

先日のエントリーは、自分で書いておいてあまりにバカ臭く、もうチョット考えて出直してこんかぁ〜!( ゚Д゚)y─┛~~ と言う感じだったので、ビオレで顔を洗って出直したエントリー。

 ここ2日ほど未明さんのブログは、同一テーマのエントリーが続いている様なので、それを汲み取ってのこそ、あれでしょう?と、どれだか分からないままにTB!!本エントリーのタイトルから私が、何の話をするのか分かったら、かなり頭が変です。即、美容院に行きましょう♪(髪型の話かよ!)

 フランスに手痛い敗北をした100年戦争の余韻も冷めやらない、1455年のイングランド。
今度は王位継承の内乱の危機に見舞われる。

 そう、かの有名な薔薇族・・・じゃない、薔薇戦争と言う名の30年戦争。元は同じ王家の血筋を引くランカスター家の赤バラとヨーク家の白バラが、幼稚園のクラス分けヨロシク国内を二分する血で血を洗う戦いを1455年に始めたのでした。
 中世ヨーロッパの戦争なだけに戦法は、騎馬戦。ルールは、相手チームのハチマキを一杯取った方が勝ちと言う物・・・だぁ〜!分かったってば!!寒い冗談は、もぅ入れませんてば!!

 バラ戦争は最終的にランカスター家の支流にあたるヘンリー・テューダーがエドワード4世の娘でヨーク家のエリザベスと結婚して、エドワード7世として即位し、テューダー朝を起こす1485年まで継続したのでした。
 終戦後、百年戦争と薔薇戦争で疲弊した諸侯を抑圧して絶対王政を推進し、海外進出にも積極的で、その政策はヘンリー8世、エドワード6世、メアリー1世、エリザベス1世に受け継がれテューダー朝の全盛期を築いた。
エリザベス1世の当時には、ヨーロッパ最強国の1つであったスペインの無敵艦隊を破り、イングランドの国際的地位を高めて行った時期でもある。エリザベスはイングランド王位を持つ自分の立場を利用される事(つまり外国に干渉される事)を嫌い生涯独身を通した。そのためエリザベスには子はおらずテューダー朝はエリザベスが崩御した1603年で終わりとなる。
 2つの大きな戦争により長期の混乱を征したヘンリー7世、ヘンリー8世のテューダー王朝(1485〜1547)になると、イギリスは政治、経済が安定し多くの建築がなされた。この時代の建築様式をテューダー様式と呼び、テューダー・アーチと呼ばれる頂きが僅かに尖った扁平アーチやハンマー・ビーム天井、ハーフ・ティンバー壁などが取り入れられたのだった。

同一テーマってのは写真の話の事ね♪(本文読めョ!)・・・と言うことで、
旧前田侯爵邸の建築様式は、テューダー様式なんだってねぇ〜、一度は行って見たいところだなぁ〜。入場料無料っぽいし、と言うお話しでした♪


 言いたい内容は、3行と言う駄エントリーをまたアップしてしまった(汗)。
 ある意味天才だなσ(・・*)って♪ドラマの構成作家にでも成ろうかしら (⌒^⌒)bうふっ

posted by one-brain at 21:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タージ・マハール3(BlogPet)

chopinが語気も建築ー!
でもbrainがアラビアで雨仕事したいなぁ。
さてきのう、brainで左右したかもー。
さてbrainと駆使したの?
さてbrainがヨーロッパに表現したかったの♪
なのできょうbrainで、厳禁されたみたい…
しかもヨーロッパまで植え込みとか崇拝したかったみたい。
しかもbrainとペルシャで会話された。


*このエントリは、BlogPetの「chopin」が書きました。
posted by one-brain at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

おぉ〜!面白い♪

dankogaiさんの404 Blog Not Foundのエントリーに面白い替え歌が載っていたのでご紹介。

♪TBは弾いた方がいい
♪コメントは受け付けぬ方がいい
♪weblogは一人よがりでいい
♪裏切る切なさに泣かなくて済むから

〜♪TBは弾いた方がいい〜より


ウンウン確かにそうだ、言い得て妙です^^
posted by one-brain at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーワードのテンコ盛り

 (´゚ω゚):;*.':;ブッ  わ、私の名が・・・(汗) これは私に『とっとと、トラックバックせんかい!オラァ〜!』と言っていると勝手に妄想した!
あぁ〜初めに言っておきますが、私はインテリではありませんよ。インチキでは、あるかも知れませんがね( *´艸`)プププ

☆☆ 以下、気が変わったので削除。5月20日22:18編集 ☆☆
 このエントリーのみ、コメント・トラックバック出来ませんm(_ _)m

posted by one-brain at 00:50| 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

Mimei Typhoon

 キレて大暴れと言う行為自体は、実にハタ迷惑で褒められたものでは無いかも知れませんが、白状すると私的には羨ましいかったりもします(笑)『良いなぁ〜スッキリするだろうなぁ〜』なんて事を思いながら、キレてる人をたまに眺めてます(笑)

 私の脳味噌は、キレない仕組みに成っている様です。ストレスが溜まりまくると思考回路が切れると言うよりも切り替わって、キレる対象に対してただ嫌悪感抱き、無関心に成ってしまうんですね(苦笑)これは、ある意味キレるよりもたち悪いんですよ。長引くから。つーか、関係修復はほぼ不可能です。
 私の脳みそに刷り込まれるんです。『コイツは、相手にしないでおこう』ってね。晴れて私に、この様な認定をされてしまった方に対する私の対応は、実に判り易いものに成ります。私にとって得か?損か?利用価値はあるのか?無いのか?と言う0と1の電気信号の様な判定の仕方で付き合ってしまう事になります。あまりに人間的な暖かさが無い性格と言うのが私のようです。
 中学時代に同級生と喧嘩して相手をボッコボコにした時、生活指導の先生から職員室へ呼び出しを食らい『お前は、最低だ!ヤクザ以下だ!』と担任やら、生活指導やらにヤンヤと言われた言葉が、ほど良く刷り込まれているのかな?とポジティブ(??)に分析できます。
 私の性格的な冷たさは、筋金入りのようで鬼・悪魔・最低と男性からも女性からも私の代名詞もしくは接頭語として学生時代には、良く言われてました。友人からは、しょっちゅう私の性格に付いて懇々と説教をされたものです(苦笑)まぁ〜結果的には、性格的には全く治らず。我が道を突っ走って無駄に年を食ってしまい、『さて?どうした物か』と過ごす今日のこの頃な状態が、今の私です。

 離婚した原因も、私の冷たさと彼女への無関心さが原因なのかもなぁ〜??なぁ〜んて、今では思ってます。
 結構、不安がっていたんですよ。彼女は。因みに、浮気するとかその様なベタな理由では決して無いですよ(笑)私は二股三股かけるほど暇でもコマ目でも無いし、第一モテ無いし(自爆!)
 夜、彼女と一緒の布団に入って喋って居る時に深刻な口調でたまに言われた言葉があります。『私の事を本当に見てる?目を合わして話しているのに、全然あなたの存在を感じないんだけど??』とか『隣に居るのに、あなたが本当に、ここに居るのか分からない!』等、結婚する前からよく言われていたのですが、私には、この言葉の意味が今もって理解できないんですよね。ようするに、心のない、思いやりの無い奴だと思われていたのかな?と思います。
 私は、普通の人間と違うのか?実は、今流行の鬼畜系犯罪者の素養があるのか?愛すること、愛されることってのが、根本的に分かっていないのじゃないか?何て軽く思ってますが、別に悩んでも居ないし、孤独感があっても別に気にしていなかったり(笑)。←これが駄目なんでしょうね。

 人に頼る頼られるってのは、感覚として私は全く分かりません。いやマジ分からない(滝汗)私は人に頼ると言う行為が、どうも恥かしい行為に思えるんですよね。人を頼らない分、頼られてる感が全く分からない(汗)変な話ですが、他社の人から教えられて実は、同僚や後輩から頼られているらしい事をたまに聞かされている始末です(/ω\)ハズカシーィ
 ・・・・・てか、そんな事 私にわざわざ言うなよ!ボゲェ〜!!てな感じを激しく感じてしまいます。そんな事聞かされたら妙なプレッシャーを感じてブルブル震える子ウサギなんだョ!私は!!(自称だけど)

 私に比べれば未明さんは、全然人間らしくて良いと思いますよ。愛することも愛されることも知っている訳だし。
 キレたお相手に関しては、お気の毒様としか言い様がありませんが、相手にキレる事が出来るのなら、謝ること=改めて好きになると言う事も可能なんじゃ無いかと勝手に妄想してますが、違うのかな?
 確かにキレると言う表現は、イマイチ頂けません。でも、その後の言葉に『癇癪』とか『ヒステリー』と言う言葉では無く台風と表現している所に私は、未明さんの優しさと救いを感じました。いや本当、正直言ってイケてますぜ!姉さん!!
 台風と言うのは、悲劇的な被害を与える場合も確かにありますが、被害を与えるだけの存在では無いと私は思いますよ。

 ・・・・・と、人のネタにかこつけて、『私の個人的なカミングアウトして見たかった!』の巻!!でした♪
posted by one-brain at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

Missing Persons

何だか心惹かれるものがあります。

英国の海岸に現れたなぞのピアノ男

英国の海岸に現れたなぞのピアノ男
[ロンドン 16日 ロイター]  英国の海岸で、上品に着飾った男性がびしょぬれで放浪しているのが発見された。警察や介護福祉士たちはこの謎の男に困惑させられている。彼はひとことも喋ろうとしないのだが、名人芸的なピアノ演奏を披露したのだ。

この男は4月8日、フォーマルな黒いスーツにタイという出で立ちでケント州の海岸にいるところを、警察に発見された。彼はずっと無言で身元を確認することが不可能だったので、精神病治療病棟に入れられた。

身元に関する手がかりを掴めないものかと介護福祉士が紙とペンを与えたところ、男はグランドピアノらしきものの絵を描いた。病院のチャペルに連れて行くと、彼は何時間ものあいだピアノでクラシック曲を弾いてみせた。

写真を国立行方不明者ヘルプライン(NMPH) のウェブサイトで公開したにもかかわらず、身元を知る人はまだ現れていない。

「彼は病院の職員にも口をきかないので、わかっていることはほとんどありません。しかし彼がピアノの才能の持ち主であることは確かです」NMPHの広報は述べた。

新聞各紙によれば、何人かの一般市民から過去にヨーロッパでこの男の演奏を見た事があるかもしれないという声が寄せられているという。

デイリー・テレグラフ紙は、この男性は20代から30代とみられ、英国人で、神経衰弱の病歴があるかもしれないと報じた。

この出来事は1996年にアカデミー賞を受賞した映画「シャイン」を思わせる。俳優ジェフリー・ラッシュが神経衰弱を克服したオーストラリア人ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットを演じた。

ミッシングマン.JPG

中々男前ですな。
神秘的なピアニストなんですね。
非常に興味深いです。ハッピーエンドな後日談が載ると良いですね。
何だかドラマチックで、どんな経緯があったのか興味深々です(不謹慎ですね)

御存知の方は、是非連絡してあげて下さい。
海外ですがw
posted by one-brain at 21:30| Comment(2) | TrackBack(9) | NEWSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

神様仏様の神様仏様とは?の巻

 今回のタイトル割と気に入ってます。在りし日のバカボンのパパが言った、賛成の反対なのだぁ〜的な感じがしてとても良いです♪
 『お願いです!どうかお助けください!神様仏様ぁ〜!!』の神様仏様とは何ぞや?と聞かれましが、確かにちょっと不思議です。
 ・・・・・ってそれよりも、そんな事を考える(思い付く)前に体調悪いんだったら、とっとと寝なさいってば!と、どっかの誰かさんに声を大にして一言、言っておきます(笑)抱いた疑問は、捨て置かないと言うクリエイターの悲しい性を垣間見させて頂き、私は思わず嗚咽しましたよ(嘘だけど)。

 特定の宗教等に入っていない、いわゆる無神論者と言われる日本人が、、絶体絶命の大ピンチの時、病気・ケガ・遭難(事故)・入試・入社試験・その他諸々のトラブルに遭遇して思わず祈らずには、いられない時に唱える『神様仏様〜〜』の神様仏様とは、一体誰を(何を)祈る対象としているのか?

 確実な事は、『神様仏様〜』と言うのは日本独自の枕詞だと言う事。祈る対象を持つ宗教に入っている人は、枕詞にこんな曖昧な言い回しは100%しないでしょう(当たり前か)。と言う事で、今回は、現代日本の無神論者をターゲットに絞って話を進めます。

まず、神様と仏様を分けて考えて見ました。

 そもそも日本人にとって神様って何よ?って事ですが、唯一神を信仰する方(キリスト教・イスラム教・ユダヤ教など)は別として、日本人と言う土着民族の根幹を成す宗教観としては、日本神道(八百万の神・やおろずのかみ)・・・いわゆる多神教的な発想が意識の深い所にあるそうです。一杯、神様が居ると言うよりも、沢山の精霊がいると考えた方が早いかも知れません。例えば、石や樹木、草花に至るまでなんにでも宿っていていると言うやつです。日本神話、ギリシャ神話、北欧神話等は、実際読んだ方もいるのでは無いでしょうか?一杯神様出てくるでしょ?因みにヒンドゥー教も多神教です。

 それでは、神様とは?
 人間の及ばぬ知恵/知識/力を持つとされる存在の一種で、人間を含む生命やこの世界そのものなどを創り出した存在であるとされることもある。つまり、人知を超えた力や運命とを関連づけられ、信仰や畏怖の対象となるお方、と言う事のようです。多神教の素地がある日本人的な発想をするなら、山の精霊を怒らせると山火事や崖崩れが起こるし、海の精霊を怒らせるとポセイドンが暴れて嵐が巻き起こり、ロデムは変身し地を駆けるのです(バビル2世か!!・・・古っ)

仏様とは?
そもそも仏教は元々神様と言う概念は有りませんでした。仏(覚者、真理に目覚めた人)の宗教、また仏に成るための教えなんだそうです。ただし、仏になっても人間であることには変わりはなく、超人、超越者でもない=神では無いと言う事。
『お釈迦様は、神じゃないんかい!』と突っ込まれそうですが、お釈迦様は仏教の提唱者であり、そもそも無神論者と言われています。
『ブッダは、神の事だろう!』といわれる方、ブッダ=仏の事で、意味に付いては前述の通りです。
 ところで、日本の仏教は、中国流、インド流の形そのまま受け入れたのではなく、弥生の昔から連綿と受け継がれてきた土着の神に対する信仰と融合させる形で、独自の仏教に練り上げられていったものだそうです。また、道教的な思想は神道と融合する形で陰陽道に発展し、古来からの神祇信仰、特に山岳信仰は仏教思想と融合する形で修験道になっていったと言う経緯があるそうです。
 この様に神道と仏教が融合し民衆レベルに浸透した頃には、仏も神々の一種でしかなく、更に死者までも「仏さん」と言われるようになって行ったそうで、この場合の仏様とは、単にお願いをする対象でしかなく「教えを学び、悟る・覚醒する」という対象にはなら無くなって来たようです。

 つまり神様と仏様は、日本人にとっては同義語とも言えます。ただ、敢えて神様、仏様と分けて呼ぶと言う行為において、神様とは、目には見えぬが人間を超えた力をもち人間や自然を支配する力を持つ精霊達。仏様とは、先祖霊崇拝(霊魂不滅を前提)に基づく死者の呼称では無いかと、私は考え着きました。
 ごく個人的な例で申し訳ないですが、私は、にっちもさっちも行かない困った時等でも、基本的に神頼み等はしない性質です。
 それでも思わず祈ってしまう事があります。そして私が祈る(願う)相手ってのは、私が知っている(親族等)の亡くなった人に対してです。もし、この場に居てくれたら的確なアドバイスをしてくれるであろう人、救ってくれるであろう人、そういう人に対して祈っている気がします。そう考えると私的には、かなりスッキリします。

 結論として、『神様仏様』とは個人的な存在であり、信仰のない人が創りだした『神様仏様』とは、個人個人が、どんなイメージを持っているのか?と言う事に行き着き、そして、それは個人個人のスピリチュアリティーに起因していると考えて良いのでは無いかと思います。

初めから最後の3行だけを書いとけば良いものを、また長文にしてしまった(〃▽〃)キャー♪
あぁ〜眠っ(´∇`)ファァーイ 

posted by one-brain at 02:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

SARA BRIGHTMAN(サラ ブライトマン)を聴いた〜その後〜

HMVに注文したのが、4/4。・・・んで、発送されたのが5/11。遠い道のりだったな( ´-`)チュンチュン
前回の記事<<SARA BRIGHTMAN(サラ ブライトマン)を聴いた>>
↑文字をクリックすると該当記事に飛びます。

 ようやく来ましたSARA BRIGHTMANのFLY。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
 しかし、CD1枚の為に何故にダンボールで送ってくるかな?PL法とかやたら消費者保護の法律が厳しくなって来た煽りをこんな所で受けているような気がする今日この頃。
 “FLY”が欲しかった理由は、ただ一つ“A QUESTION OF HONOUR”のオリジナルが聞きたかったから。
 リミックス・バージョン等は聞いていたんだけど何だかイマイチだったので、これはオリジナルを聞くしかあるまい!と買ったのですが、どうやら“FLY”は、USEDしか無いらしく、思うように手配が出来なかったのが出荷が遅れた原因のようでした。
Fly


 早速、聴いた。聴いたよ。聴いちゃったよ♪
 1曲目の“Time to Say Goodbye”に激しく感動しました。(´Д⊂グスン
CM等で流れていたので曲自体は知っていたけど、フルバージョンで聴いたのは初めてでした。この曲は、別のアルバムに入っているものと思っていたので、“FLY”にも収録されていたのは、嬉しい誤算でした♪ヽ(*^▽^)ノウワーイ
この曲は、盲目のテナー歌手、ANDREA BOCELLI(アンドレア・ボチェッリ)とのデュエット曲です。

 元は、ボチェッリがアルバム“ROMANZA”(ロマンツァ)の中で歌っている、“Con Te Partiro”(コン テ パルティロ)」と言う曲で、タイトルの意味は “君と旅立とう(I'll Go With You)” だそうです。
 元々の歌詞はイタリア語で「♪ひとりでいるとき 私は水平線を夢見る そして何も言えなくなってしまう・・・ 今まで見たことも訪れたこともない場所へ あなたと船に乗って旅立とう」という内容。サラがレストランで食事している時に彼の曲を聴き、すぐにボチェッリにデュエットの申し込みをしたなんてエピソードもあるみたいです。
 ちなみに、2人が“Time to Say Goodbye”と改題してお披露目したのが、ドイツの国民的英雄ボクサーのヘンリー・マスケ(対戦相手はロッキー・ロッチアーニ)の引退試合だったそうです。だから原曲のサビの"CON TE PARTIRO"(I'll Go With You=君とと旅立とう)が、“Time To Say Goodbye(さよならを言う時が来た)”になったのかぁ〜と言う推測をしている人もいるようです。

ん?“A QUESTION OF HONOUR”ですか?
奥歯に挟まったネギがようやく取れた感じ♪ (⌒^⌒)bうふっ
すまんね、“Time to Say Goodbye”の印象が強すぎちゃって、手抜きな感想で(ノ´∀`*)テレ

:*:*:*:*:*:*: 以下、私信 :*:*:*:*:*:*:

エルトゥールル号事件に関して、勘違いをコッソリ訂正しました。
エルトゥールル号事件 ←の文字をクリックすると記事に飛びます。

 また、私の話で使えるもの、お役に立てるものがあれば、自由に何でも使ってください。書いたエントリーは、情報として足りない部分も多々ありますが、その時はゴメンなさいね^^;テヘ☆
 ネタとして使って頂ければ、調べた甲斐がありますし、大変嬉しいです。
嬉しさのあまりに、華麗なステップで小躍りもしちゃいます♪ 

posted by one-brain at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タージ・マハール3(BlogPet)

chopinは工夫された。

どうやら世間では無いでしょう。
1幅の中に地獄・極楽・美女も描けるのだから、さぞ面白いモチーフと言えるのでは骸骨の姿態がいかにもリアルに描かれた絵に付いて主に書いて見ます。
一休の教えによって太夫は、一休禅師との絡みもあります。
地獄太夫小林永濯><画像をクリックするとChapter1に行きます>>



*このエントリは、BlogPetの「chopin」が書きました。
posted by one-brain at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敢えてネタとして扱って見る・・・テスト

(レ ̄◇ ̄)レ< た、大変だぁ〜!! み、未明さんの声が絶不調らしい
な、何だってぇ〜!! ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!

先日までマリア・カラスだったのに(いや、歌声を聞いた事は無いんですけどね)
Maria Callas2.jpg
<<画像をクリックすると大きく表示されます>>


  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

こんなん成ったら困る〜 ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
ジャイアン.JPG
<<画像をクリックすると大きく表示されます>>


これは、あれです。
頑張りすぎだから自分を少し愛しみなさいと言う神の啓示です(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん
本番時にボエ〜は、悲しすぎますから(笑)
皆さんのTBを参考にくれぐれも、御自愛下さいませ♪

P.S.トラックバックのナンバーが、893ってのが個人的にチョット笑える。ヤク○って(笑)
posted by one-brain at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 隣の芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

ブログをやる事の意味・・・。

 「ブログを作って毎日書いていても、読んでくれる人いないから辞めようかなぁ〜」って書いている人をたまに見かけます。読んでいないと感じる=コメント・TBが少ないと言う事なんでしょうけど、コメントやTBをしないと言うのには、しないなりに理由があるんですがね。突っ込み様が無い、琴線に触れるような内容では無かったetc.
 でも、せっかく今まで書いて来たのだから続ければ良いのにと、ほんのチョッピリ思ったりもします。まぁ、あえて引き止めたりはしませんがね(フッフッフ)
 私にしてみれば、良く立ち寄っていたブログが1つ減るだけと言う話で、あっそ!ってな感じですし、私はまたネット上で、面白いエントリーを書く所を探すだけでしょう。
 ・・・と、大人気ないエントリーを書いていても仕様が無いので、チョット考えた。
 ブログをやる事って何か意味あるの?

 意味だの意義だのってテーマ自体は、随分前から言われていて、有名ブロガーの方達も一度はエントリーとして上げている様ですので、深い考察物が読みたい方は、そういった人達のエントリーを参照される事をお勧めします。私のは、ハッキリ言って駄文です^^;
 ここでは、恐らく一般論、そして私の戯言をお送り致します。ご愁傷様です(笑)

 著名人、企業家等、所謂有名人がブログを書くと言う事の意義は、他にも理由はある様なんですが、今回のエントリーから逸脱するし、知った所で、どぉ〜って事無いし、エンジョイ放置プレイ♪

 他の人が書かれているエントリーを覗いていると、種類として大別すると、日記系、ニュース系、趣味系等が多いようです。
 私を含めて所謂、普通の人のブログを見ていて共通しているのは、自分の持ちネタ(文章・画像等)を晒すと言う行為。
 ただ、晒し方にも国際色があるらしく、例えばアメリカ人等は、「ミーは、ユーとは違うんだYO!」等、自己表現・自己主張してナンボの世界に暮らしているので、彼らはブログを自己表現ツールと言う道具として、使っているようです。私は、英語のエントリーは読まないし(読めない)断定的な事は言えませんが、国民性から言うとそうなんだろうな、とは思えます。

 日本人の場合は、もう少し事情が複雑に成る様です。
 アメリカ人と同じテーマでエントリーを書いたとしても「ワテの意見、お楽しみ頂けましたか?」と自己の表現よりも読み手にいかに楽しんで貰えたか?自分のブログを如何に沢山の人に見てもらえる(読んで貰えるのか)に主眼を置きがちに成るようです。
 成る程、確かにコメントやTBを貰ったりすると嬉しいし、アクセス解析をたまに覗くと「この日のエントリー、なんでこんなに多いの?」等と嬉しい驚きがあったりします。楽しいネタ(楽しいであろうネタ)を提供すればリアクションが得られ、ブログの為にネタ探しをしたりする自分がいたりもする訳です。いや〜、つくづく私って日本人なんだなぁ。

 ブログを運営して行くにあたって運営者がどの様なスタイル・・・自分のブログに何を求めてエントリーを書いて行くのかと言うのを考えると、もう少し楽しく書いて行けるのでは無いかな?と思ってリンクを色々とたどって行くと、見つけましたYO

 cosmo_sophyさんのエントリーで、『閲覧者にまなざされる快楽の階層構造』として分かりやすく分類されいたので、そのまま引用させて貰うと。
『自分のテキストや作品』を不特定多数に見られたいという意識的・無意識的な欲求を抱えていますが、
その“他者にまなざされる快楽”には階層的な構造があります。

1.現実世界でURLを知らせた友人知人のみが閲覧して反応してくれれば良い……リアル直結コミュニティ型

2.インターネットの内部で知り合いになった友人知人を中心として“批判的でない信頼できる人”だけが閲覧して反応してくれれば良い……mixiに代表されるようなSNS的ネットコミュニティ型

3.自分のテキストの魅力に応じた閲覧者数が適度に確保されていればよく、余りに多い閲覧者は逆にプレッシャーになることがある……儀礼的無関心を求めるマイペース型

4.閲覧者数の最大化を求めず、自然に集まる閲覧者と穏やかな交流を深めていければよい……一般的コミュニティ型

5.リンクや検索エンジンを辿って出来るだけ多くの人に閲覧して貰いたいが、特別反応を求めるわけでもない……トータルアクセス&ユニークアクセス重視型

6.リンクや検索エンジンを辿って出来るだけ多くの人に閲覧して貰うと同時に、批判的であっても構わないので感想や意見を活発に貰い、対立的な論戦さえも楽しむ事ができる……議論促進コミュニティ型

7.出来るだけ多くの人に閲覧して貰うと同時に、共感や承認のメッセージを貰って友好的な交流を行っていきたい……理想的コミュニティ型

8.閲覧者の存在やアクセス数を余り意識せず、自分の書きたい内容の記事を自由に書ければそれでよい……気ままな唯我独尊型

考える脳髄プラスα 


 私の場合は、基本的に8と思い込んでいるんだけど、実は4と5を目指しているのだろうな、と言う気がします。好きな事をただ書き殴っているだけなので、基本的にアクセス数やコメント数等は気にしていないのですが、TBやコメントを思いがけず貰えたりすると次も張り切って書いちゃおうっかな♪と言う、"豚もおだてりゃ木に登る”的に分かりやすい自分を垣間見れます。
誉められたチョッパーとも言うか?(笑)
 でも、更なる閲覧者を獲得する為に、エントリー内容を工夫をしているかと言えば・・・その辺が8なんだな(苦笑)

 んで、結局答えは何なんだ?と言うと、私にとってブログをやる事(やりつづける事)の意味とは。
 独り言に成りがちな私のエントリーも、エントリーを書く為に調べると言う行為が、私自身の知識を広げる為のツールとして成り得ている事と、リアクションする事(される事)でコミュニケーションツールと言う一面も果たしているのだぁ〜!と、実に、つまらない結果に落ち着いちゃいました(笑)。
ここで一発、気の利いた毒でも吐ければ、もう一皮剥けそうなのに(爆笑)

追記:トラックバックさせて頂いた方々のブログ、とても参考に成りました。ありがとうございました。
posted by one-brain at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。