2005年07月19日

Picasso(ピカソ)

ピカソと言えば、代表作 『アヴィ二ョンの娘たち』 『ゲルニカ』とか『347シリーズ』等、知っている人は、勿論知っていし、知らない人も名前くらいは、聞いた事があるであろう20世紀を代表する画家であり大芸術家。
決して、ドン・キホーテの小規模展開型姉妹店のピカソの事では無い。当たり前か。

「私は幼くしてラファエロのように描けた」 by ピカソ
おぉ〜そうですかい、んじゃ見せて貰おうじゃないか♪
1881年10月25日スペインのマラガで生まれた、寿限無(じゅげむ)の様に長い洗礼名を持つ一丁前の面構えをした男の子は天才なのか?因みにその洗礼名は・・・
パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・シプリアーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダット・ルイス・イ・ピカソ。 
覚えられるかぁ〜 (ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
・・・と言う事で略してパブロ・ピカソ。
子供時代のハ真.jpg
左の生意気そうなのがピカソ。右にいるのは妹、ローラ。

早速見てみようじゃないか。

9歳児の絵.jpg
<ヘラクレス>1890年11月(マラガ)

んがぁ〜!上手い!!9歳児がこんな絵を描いて良いのか?
30半ば過ぎの私よりも上手いし(苦笑)
ポーズの捉え方も良いし、体の線のつじつまも合っていています。
しかし、上手いなぁ〜。クッソォ〜。
なんでも、ピカソは10歳で美術学校に入ったそうで、11〜12歳の頃に描かれたのが下の絵

10〜12歳頃の絵.jpg
<石膏トルソの習作(ベルヴェデーレのトルソ)>
1892年〜93年(ラ・コルーニャ)

良いのか?小学校5〜6年生がこんなん描いて(笑)
平均的な美大生レベルに早くも達しております。正確に描く事は出来るんだけど、面白くないってやつね。
そして、この時期にある伝説が生まれました。
みるみる成長を遂げるピカソの才能に驚嘆した美術教師である父が、自分の画材道具を一切息子に譲り渡し、以後、筆を折ってしまったと言う有名な逸話。
実際は、いささか誇張されて伝わっている逸話なんだそうですが。。

ここで、チョイ脱線。
本来スペイン人は、母方、父方の姓を続けて読むのが通常なのでパブロ・ルイス・ピカソと言う風に名乗る(絵に署名する)はずなのですが、母方の姓(ピカソ)のみ名乗っているのは、何とも・・・何ともですねぇ〜(ニヤリ)
父方の姓(ルイス)を名乗らなくなった(絵に署名しなくなった)のは、20歳前後なんだそうです。この事に付いてピカソ自身は色々と言っているようですが、父親とのある種の確執があったのかも!と妄想する方が私的には盛り上がるのでここではあまり突っ込みません(笑)

閑話休題。この後、飛び級でバルセロナの上級美術学校に入学したピカソが描いた絵が下の絵。

13〜14歳頃の絵.jpg
(石膏像の習作)1895年(バルセロナ) 

中学1〜2年生でこんなん描いてますヨ!奥さん ヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネェ。
最早追い付けません・・・追いかけてないけど(笑)
石膏像なのに何か血が通っていそうな感じです。いやいや、もぅ〜やってらんねーな。やってもいないんだが(笑)

石膏像のデッサンしまくった後の次のステップは、人体デッサン。ピカソは成績優秀だったので、成人にしか許されていない人体デッサンのクラスを受けることが出来たんだそうです。
そして、その時描いたのが下の絵。

15歳頃の絵.jpg 15歳の頃の絵部分.jpg
(裸体の写生習作)1896年(バルセロナ)
<左は全体 右は部分>

初め見たときは、写真かと思いましたよ。何ですか?このくたびれきった中年男は(笑)
『はぁ〜、やってらんね!』と言う溜め息が聞こえてきそうじゃないですか。

ピカソって模写を初めとする自己鍛錬をすごくした人らしいですね。
自ら『デッサン工場』と呼んじゃうくらいに。
ピカソの天才伝説ってのは色々あるらしく、ピカソ自らも自己神格化の言説を得意としていて、『天才の俺様は〜〜』的な発言が多かったようなんですが、
ある時、ピカソにしては珍しくこんな事を言ったそうです。
『音楽家に神童はいるが、画家にはありえない。』
『どんなに面白い絵を子供が描いたとしても、それは芸術作品では無い。芸術を生む為にはアカデミックな修練を経なければならないのであって、自分はそれを克服するのが非常に早かった』
posted by one-brain at 07:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ART/CRAFT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょう、ロが克服すればよかった?
Posted by BlogPetの「chopin」 at 2005年07月19日 11:08
こんにちは、お久しぶりです。いつもながら勉強になります。
『どんなに面白い絵を子供が描いたとしても、それは芸術作品では無い。芸術を生む為にはアカデミックな修練を経なければならないのであって、自分はそれを克服するのが非常に早かった』
って人生や恋愛には当てはまらないんですかねえー?
Posted by のぞみ at 2005年07月31日 17:26
>のぞみサン

お久しぶりです。コメントありがとうございます♪
色々な経験を積む事で人生や恋愛をもし克服(達観)出来たら、何だかその後はつまらなそうに感じてしまいます。
何だか、お坊さんみたいだし(笑)
私は、ドキドキやワクワクをもっと感じたいので、克服しなくていいや♪
Posted by one−brain at 2005年07月31日 22:59
ピカソ 14歳 15歳 16歳 で 画像検索中です。小学生で 中1ぐらいで すごいですね。8歳のピカソの男性の裸の絵も すごいですね。絵画同好会(名前検討中 ピカソを語る会
Posted by 謎の村石太&村石太星人 at 2012年05月16日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。